出会い系サイトの年齢確認の方法


出会いサイトを利用する際は、法律により、18歳以上である事を確認をしないと、サイトの利用できなくなっています。

これは、2003年に、「出会い系サイト規制法」という法律ができた為です。

この法律で、出会い系サイト側に、利用者が18歳以上である事を確認する事を義務付けたんです。

出会い系サイト規制法は、児童が出会い系サイトを利用して、犯罪などに巻き込まれない為の法律なんです。

日本には、「淫行条例」という法律もあり、18歳未満の少年少女との淫行は違法です。

淫行を防止する為にも、出会い系サイト規制法が必要になったんですね。

出会い系サイト規制法は、出会い系サイトの利用者が安心・安全にサイトを利用する為に大切な法律なんです。

年齢確認をする方法

クレジットカードで年齢確認する

クレジットカードで年齢確認をすると、VISA、JCB、MasterCardなどの決済代行業者が「この方は、18歳以上だからOKです。」と確認してもらえます。

年齢を確認してもらうだけなので、あなたの名前や住所などの個人情報が出会い系サイト側に知られることはありません。

運転免許証や健康保険証などで確認する

この方法もあなたの名前や住所などをサイト側に教える必要はありません。

出会い系サイト側に送った写真は、直ぐに廃棄して貰えます。

上の図のように、顔写真や名前、住所などサイト側に、教える必要のない箇所は、用紙か何を適当な大きさに切り、隠してサイト側に送れば問題ないです。

出会い系サイト側が確認したいのは、

①生年月日(年齢)

②書面の種類

③書面の発行者

です。

*名前や住所までサイト側に教える必要はありません。

*法律で事業者にそこまでは求められていないからです。

その他の年齢確認方法

クレジットカードや運転免許証・健康保険証以外でも年齢確認をする事ができます。

パスポート、年金手帳、学生証、社員証、卒業証書、マイナンバーカード、運転経歴証明書、介護保険証、住民基本台帳カード、資格・検定証、在留カード又は、外国人登録証明書、国際運転免許証です。

以上の身分証明書も、運転免許証とクレジットカードでの年齢確認と同様に、生年月日(年齢)、書面の種類、書面の発行者の3つの情報が分かれば年齢確認ができます。

年齢確認をしたら、年齢をゴマかせなくなるの?

結論から言って、年齢確認が終われば、サイト側の年齢を自由に変更する事ができます!

年齢確認というのは、ユーザーが18歳以上の人で児童でないのを確認する為にする作業です。

ユーザーが18歳以上の人である事を確認するだけで、出会い系サイト側が身分証の年齢とプロフの年齢を照合したりするわけではありません。

このブログで紹介している出会い系サイトも年齢確認をした後は、プロフの年齢を自由に変更出来るようになっています。

ちなみに、りゅうのすけも相当、年齢のサバを読んで、若い女の子と遊んでいます(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする